カタクリとゲンカイツツジ

グリーンパーク吉峰隣接の富山県森林研究所にて
春らしい植物を発見しました。


カタクリ
カタクリ
早春に地上部に展開し、その後葉や茎は枯れてしまう。
地上に姿を現す期間は4-5週間程度で、
群落での開花期間は2週間程と短い。
このため「スプリング・エフェメラル」(春の妖精)と呼ばれている。
 ※ウィキペディアより引用
「春の妖精」の名にふさわしくその美しい姿が見れるのは
本当に短期間です。



ゲンカイツツジ
ゲンカイツツジ
生育地は山地の岩の上や急な傾斜地で
名のとおり、玄海灘をはさんで、九州北部と朝鮮半島に多い。
富山での生育は稀と思しきです。
花言葉は「愛の喜び」
その可憐な姿から付けられたのでしょうか。


※富山県森林研究所は植物の研究機関です。
 敷地内の探索時は十分にご配慮いただきますよう
 宜しくお願い致します。

グリーンパーク吉峰のHPはこちらから
 
スポンサーサイト