桜の花見の前に、梅の花見はいかがですか

もうすぐ4月。桜の開花が近づいてきました。
吉峰では桜の開花の前に梅が開花いたしました。
梅の花見も情緒があります。
古くから日本では梅の花見がポピュラーだったようで・・・

江戸時代以降、花見といえばもっぱらサクラの花を見ることとされている。しかし奈良時代以前に「花」といえば、むしろウメを指すことの方が多かった。平安京御所の紫宸殿(ししんでん)の前の左近のサクラと右近のタチバナも創建当初は、桜ではなくウメ(承和年中に枯れたため仁明天皇がサクラを植えたのが始まり)である。そのように、ウメよりサクラがより一般に愛好されはじめるのは、平安時代からのことである。そしてウメは古里(ふるさと=奈良平城京)の静かな美しさと文化的郷愁の花となり、和歌や能に取り上げられることになる。【ウィキペディアより引用】

梅:近映


画像は喫茶カモミール付近の梅の画像です。
ハーブティを味わいながら梅の花見はいかがですか!

2015梅
スポンサーサイト