ブルーサルビアとコリウス

ブルーサルビアとコリウス

ブルーサルビアとコリウス

カモミール横花壇にて。

ブルーサルビアは発芽適温が比較的高いため、東京付近で露地栽培する場合、4月下旬から5月中旬くらいがまき時になる。園芸種はほとんど一代交配種で1袋のタネの粒数が少ないので、鉢にまいて後で移植する方がよい。覆土は2ミリ程度にする。日向から半日陰の水はけのよい土地なら、比較的栽培は容易であるが、多少暑さに弱く、中部山岳地方や北日本など、夏の間冷涼なところの方が美しい花が咲く傾向がある。
 ウィキペディアより引用

スポンサーサイト

パンパスグラス

パンパスグラス
ゆ~ランド中庭にて


オミナエシ、藤袴
パンパスグラスに合わせてオミナエシ、藤袴も植えました。
2、3年後が楽しみです。


パンパスグラスは大きく成長し、花穂をつけた姿は見栄えがするので、公園・花壇の植栽や道路分離帯の緑化などに用いられる。また花穂は活花やドライフラワーに使われる。
栽培には日当たりのよい場所を選ぶ。葉はススキと同様に皮膚を切りやすく、手入れや伐採時には手足を保護できる服装が望ましい。育成には手間がかからないが、寒さにはやや弱く、葉が茶色になる。主に株分けで増やす。これは、穂の形状に個体差が出やすいので、同じ株から増やしたほうが群生したときに揃うためでもある。

 ウィキペディアより引用